【実は危険な同人グッズ】~模倣品・海賊版?~

同人グッズ制作時の注意について。

サークルの炎上について

 サークルを炎上させるのは「同人の危機から救う」ことにはならず「特定のジャンルの衰退を招く」、さらに逆効果になる可能性もあるという話。
当アカウントは同人グッズ専門ですがグッズにも関わってくる問題なので。

f:id:sea_goods:20180307161952j:plain

かつて同人は「目立たないように隠れる物」でしたがネットの普及により時代は変わりました。コミケが毎回テレビのニュースで映されるような今、作品は2次創作され、同人作品が日本全国、物によっては全世界へ頒布されます。

原作側も同人界隈で盛り上がるほど原作の利益が出るのは承知しています。その上で、こちらの利益が損なわれるような物を作ったら警告をしますよ、というのが多くのやり方です。

f:id:sea_goods:20180307162124j:plain

f:id:sea_goods:20180307162350j:plain

ジャンルによって発売される物・事情が違いますので、警告する理由も違います。
近年はたくさんのサークルが警告を受けています。原作側も同人のことは見ています。

f:id:sea_goods:20180307162542j:plain

ジャンルのグッズ全体があまりに海賊版に近く、一斉に取り下げを求められるケースもあります。それを恐れてか1つのサークルがアウト(だと勝手に確信している)なのに説得に応じないと、騒いで炎上させる事が起きています。

始まりは「販売の中止・謝罪・回収」だけの望みでも炎上は集団ヒステリーを招きます。
皆が叩いているから自分も叩いていいという風潮→
同人すら詳しくない人々の参加→
デマや思い込みで攻撃が過熱→
その空気に耐えられず、ジャンルから去る人続出
何度もこんな炎上を見ました。

そもそも「ジャンルを守るため」もしくは「原作の利益を守るため」なのでは。これでは本末転倒です。

 

罰則を強化しても飲酒運転が無くならないように、罪を罪と思わない・大した事ではないと考える人間はどこにでも一定数います。著作権を持っていない第三者が完全に抑えるのは不可能です。
2次創作はグレーゾーンの世界です。隙あらば漫画や同人活動を規制しようとする勢力と闘って下さっている議員さんもいます。TPPで著作権の取り締まりが厳しくなるのではと話題になった事もあります。騒ぎを大きくすると危険です。

1人を炎上させるより、するべきはまともな大勢への呼びかけではないでしょうか。知らなかった、知っていたけど気付かなかった、人に言われたら止めるつもりだった。そんな方へ周りの人がちょっと待って考えてみて、と声をかけてくれたら十分だと思います。

以上は個人の考えであり絶対にこうなると断言は出来ません。ただ少しでも可能性を気にして、炎上を広めないで頂けると嬉しいです。